MENU

1人暮らしの女性は気を付けてほしい、玄関にある覗き穴に潜む危険

玄関の扉についている覗き穴。「ドアスコープ」という名前らしいです。(以下、ドアスコープ)ついていない家もありますが、ワンルームの家だとついている率はかなり高いのではないかと思います。

実は、このドアスコープには危険が潜んでいるのです。知ってましたか?

 

そもそもドアスコープってどういうもの?

f:id:g8dsgo3:20171030233123j:plain

玄関などのドアに取り付ける広角レンズ。ドアを開けずに来訪者を確認でき、防犯に役立つ。◇和製語。ドア(door)+スコープ(scope)。「ドアアイ」「マジックアイ」ともいう。

引用:ドアスコープとは - コトバンク

使ったことがある人も多いでしょう。扉を開けずに外をのぞくことができるもので、いわゆる広角レンズ(広い範囲見えるレンズ)が使われています。簡単に言えば、ドアに広角のレンズつき望遠鏡のようなものが埋まっていると考えてもらえばいいかなと思います。

このドアスコープにいったいどんな危険性が潜んでいるのでしょう?

 

ドアスコープに潜む危険①

このドアスコープ、部屋の中から外はのぞけますが、外から中はのぞけないですよね?

 

うんうん、と思ったそこのあなた!

その考えは間違っています!

 

なんと、外からでも部屋の中をのぞくことができるグッズがあるんです。

その名もリバースドアスコープ!本来は外から帰ってきたときに、中に不審な人が入っていないかを確認するための防犯グッズです。(結構たくさん種類あります)

しかし、物も使いよう、これで外から簡単に覗かれてしまいます。そしてなんと、双眼鏡を逆に当てて覗くだけでも見えてしまうというのは驚きです。

 

レンズである以上、細工次第でどうにでもなってしまうのです。外からは見えないものではないということをしっかりと頭に入れておいてください。

 

 

ドアスコープには内側に蓋のついてあるものもありますが、ついていないものも非常に多いです。

蓋をするメリットはそういう覗きを防止できることですが、中から外を見るときに、蓋を開けることでレンズの明るさが変わって居留守がばれてしまうというデメリットもあります。

 

モニター付きのインターホンがあれば、ドアスコープを使うことはほとんどないでしょうが、モニターのない家ではそうはいきません。

そういった人は、半透明のビニールなどで穴を覆うことで、外からは覗けず、明るさは変化しないドアスコープにすることができます。

 

 

ドアスコープに潜む危険②

 よし、外から覗くことができないようにしたし、これでもう一安心。

なんて思っているそこのあなた!

まだ完全に安心はできないんですよ!

 

実はドアスコープは簡単に外せます

小さいものなので、細工をされていたり外れていても気づかないなんてことも多いようです。特にワンルームでは、玄関とバスルームが近いので、知らぬ間にお風呂上りの姿を盗撮されていたという事例もあります。

 

そしてなにより、この穴からカギを開けて中に入ることも可能なんです。

友達がカギを無くしたときに、鍵の110みたいなところに電話して、その方法で扉を開けてもらったそうなのですが、びっくりするくらい早かったそうです。(それで1万円くらいとられたとか(笑))

 

 

ひいいいいいいい!!ってなるような話ですよね。

外から外せないようなドアスコープも当然あるようです。(外から回すと空回りする仕組み。)心配な人は交換をお勧めします。Amazonなんかで売ってます。

 これは蓋もついているタイプでした。

 

 

 

女の人は多分男の人が思っているよりもずっと痴漢とか、のぞきとか、そういう危険にさらされていると思うので、気を付けてほしいです。(ごめんなさい、他人事みたいな言い方になって)

男性も空き巣対策や、変な人が家に来た時に困らないように対策をしていて損はないはずですよ~。